読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトルグリーンライフ

アマチュア農家の日誌

大根のトンネル栽培1

 

農業を始めてから初めての冬。

やはり冬は作物を作るのが難しいようだ。比較的暖かく、めったに雪の降らないこの町も夜は-10°まで下がる。

 

普通冬はいわゆる農閑期で、畑仕事はやる事がない。年2作、寒さが来るまでに終わるような作型で生活出来ればいいのだが、1年を通してコンスタントに出荷し生活費を稼ぐような直売所農家だとそうもいかない。

冬場にも野菜を作らなくては。

 

そこで、トンネルを導入することにした。

今期はレタスと大根。

レタスは10月播種、3月収穫予定の作型だ。
f:id:mi_ya5:20170114172113j:image

 

大根は12月の半ばに1度目を播種した。品種は春神楽、4月に収穫出来ればいいのだが。。。
f:id:mi_ya5:20170114172247j:image

強風が吹いてトンネルが、マルチごと2度ほど飛ばされてしまっている。
f:id:mi_ya5:20170114172655j:image

そっとマルチを戻したが、マルチ穴から大根の芽が出ていないと枯れてしまう可能性が高い。風の強さを甘く見ていた。

 

 

大根、2度目の播種。 同じ轍を踏まぬよう、マルチ、パオパオ、トンネルの固定は徹底的に行うつもりだ。

 耕耘。

f:id:mi_ya5:20170114170920j:image

ならし。
f:id:mi_ya5:20170114173233j:image

マルチ。
f:id:mi_ya5:20170114173257j:image

透明マルチの方が生育が良いと聞いてはいるが、丁度いいサイズの穴あきマルチが手に入らない。結果4条千鳥の黒マルチを使用。

 

腕が上がったのか50mが30分ではれた。
f:id:mi_ya5:20170114173559j:image

飛ばされないよう、サイドの土気持ちは多めに。しっかり杭もさしこんだ。

初めての頃は2時間くらいかけて張っていたのでかなりの成長。
f:id:mi_ya5:20170114173954j:image

大活躍の大五郎。

ずっと使っていた三角ホーは引退の予感。

 

霰が降ってきたので今日はこの辺で。