読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトルグリーンライフ

アマチュア農家の日誌

2016年、良く売れた野菜ランキング

農業日誌 2016

 

怒涛の2016年でありました。

農家を始めたのは去年の3月頃だったと記憶しています。

生活出来るほど稼げたか?と言われると赤字だよぅ!と答えたいところですが、農家である祖父祖母におんぶにだっこで元ニートからするとまずまずの収入だったんじゃないかと思います。(ニート時は収入ゼロなので期待値は低いよ…!)

しかしそれもハウス建設で現在借金中ですが…。

 

 

良く売れた野菜ランキングTOP3

1位  生落花生
f:id:mi_ya5:20170108224629j:image

作付面積が広かったことが要因だとも思いますが、出せば飛ぶように売れました。

出荷時期が周辺農家さんの稲刈り時期とかぶったことで競り合いが無かったので安定して高値で売れました。9月上旬はまだ実が入りきってない状態(これが好きな人もいます。)でしたので、今年は実入りを早める為、ポット育苗を計画しています。品種は、早生、おおまさり、千葉半立ちでした。

 

 

2位 きゅうり

実物野菜は栽培期間が長いため、夏の経営の柱となっておりました。接ぎ木の技術がなかった為自根栽培でしたが近年のブルームきゅうりブーム(そんなんあるの?笑)に乗っかり名指しで注文が入ったこともありました。

ただ夏場は朝と夕方に収穫する必要があること、出荷者が多いことで売値は低かったと思います。露地栽培だったため台風の被害をまともに受けたのはいい思い出です。(ハウス建設は台風対策…!)

 

3位 レタス・里芋

 初めて出荷したのがレタスだったと記憶しております…!湿度や暑さに弱いレタスですが、無知ゆえ収穫が梅雨の時期に丸かぶりしていました。普通この時期は病気が入りやすく栽培しないので、何故上手く栽培できたのか分かりませんが、他の人が栽培していない分良く売れました。

 

里芋は作付面積が一番広い野菜でした。が!直売所での売れ行きが芳しくなかった為、仲買の方に買ってもらいました。イモ類はじわじわ売れるのがメリットであり、デメリットでもあります。
f:id:mi_ya5:20170108224530j:image

 

 

逆に…売れなかった野菜ランキングTOP3

1位 インゲン
f:id:mi_ya5:20170108224745j:image

出しても出しても売れず!

ツルなしインゲンはツルあり種より短いため見た目負けしたのが原因かも知れません。

 

2位  コールラビ

f:id:mi_ya5:20170109122109j:plain

知名度低すぎぃ!

紫のカブってどうやって食べるんですか。と直売所の方に聞かれました。

 

3位 九条ネギ

美味しいけど見た目負け!

 

まとめ

 

 

去年売れたからと言って今年も同じとは限りません。特に農家はマネしてなんぼ、パクりパクられ商品価値を自ら下げていく生き物です。生き残る為には…どうすればいいんでしょうね?

石の上にも3年…最低でも3年は農家を続けようとは思っていますがいやはや。