読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトルグリーンライフ

アマチュア農家の日誌

【米づくり】種をまく

1年に1度、歳の数しか出来ないこと、それが“米づくり”です。 米の価格が安いだとか、減反政策が終わったら米農家はどうなっていくのか、だとかそんな事は置いといて、我が米農家である祖父祖母は家族との交流の場として米を作っているんじゃないかと思います…

専用培土なし専用機械なしのネギ栽培~播種編~

冬どりネギの播種時期到来! アマチュア農家なので専用機械もないし、培土にかけるお金もない。そんな物悲しい現実を、自分の労働力でカバーするネギ栽培の方法です。 有機栽培を行っているじぷしぃ農家さんのやり方を参考に、慣行に置き換えて栽培していま…

目指せ葡萄農家?!苗木購入から植え付けまで~

こんにちは、ミヤコです。 今年で直売所農家2年目になります。現在露地8a、そして新たにパイプハウス2棟が完成目前ということで、今年はバリバリ働いて生活出来るくらい稼いでやるぞ!と思っていたのですが、突然ながら農業研修に行くことになりました。それ…

大根のトンネル栽培2

大根のトンネル栽培。 先日、マルチを張りました。多少は地温を確保出来たと思うので(とは言えマルチ下は凍ってたのだけど。)、大根の種まきとトンネル設置をしていきたいと思います。 品種はトップランナー。 これをマルチ穴からチマチマ播種していきます。…

大根のトンネル栽培1

農業を始めてから初めての冬。 やはり冬は作物を作るのが難しいようだ。比較的暖かく、めったに雪の降らないこの町も夜は-10°まで下がる。 普通冬はいわゆる農閑期で、畑仕事はやる事がない。年2作、寒さが来るまでに終わるような作型で生活出来ればいいの…

【ハウスビルド】らせん杭を設置

パイプハウス建設、一棟目が完成間近。 現在二手に別れて作業中。 前面後面の制作はじぃとばぁ。と、たまに自分。 両引き戸を構想していたのだけど、見積もりを出して貰ったら5万と言われたのであえなく断念。前面両開き戸。後面片開き戸。引き戸は譲れても…

【春どり大根】施肥の決め方

農家のじぃばぁがいるものの、農業に関する疑問を投げかければふんわりとしか答えて貰えない。どうやら農家だからといって植物生理に詳しい訳でも、土についてや肥料について詳しいかと言えばそうではないようである。そりゃあ、一般人より農業知識はあるの…

パイプハウスの溝掘りと大五郎

この時期、稲の育苗ハウスでは雀やら猫やらが入り込んで寒さを凌いでいるようです。 去年、じぃばぁの土地に住み着いていた野良猫が2匹立て続けに亡くなってしまい、残った最後の1匹であるコイツも死んでしまうんじゃないかとドキドキしていました。 が、そ…

【セルフビルド】パイプハウス建設における畑の高低差問題

12月から始まったハウス建設、やっとの事で完成が見えてきました。今週の土曜日にはビニール張りまで仕上げるぞ!と息巻いております。 しかしこのハウス建設、 準備不足経験不足の連続で何度もやり直し修正。それでも歪んでそびえ立つハウスに建てる人々の…

2017年版、作付計画を立てよう。

直売所農家にとって作付計画はとってもとーっても重要なものです。 作付計画によってその1年の全てが決まると言っても過言ではありません。 作付計画とは? 文字通り、どこに何を植えるか計画するものです。事前に計画を立てておくことで、連作障害を回避す…

【農家の知恵】踏み込み温床の作り方

そろそろ春キャベツや半促成野菜の播種時期……!しかし季節は現在冬。この時期にそのまま播種して芽吹く野菜は無い。が…!一手間かければ芽が出る、苗が出来る、早出しが出来る。そう、踏み込み温床ならね。 踏み込み温床とは? 発酵熱を利用して苗を仕立てる…

4月どりブロッコリーの播種

こんにちは、mi-ya5でございます。 土曜日ですが、関係なく労働…! 自営業なので休みたい時に休める…ハズが!天気に左右される日々でございます。 未だハウス建設が終わりませんが、やっと完成が見えて参りました。とは言えこだわり症の身内がいるとなかなか…