読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトルグリーンライフ

アマチュア農家の日誌

パイプハウスの溝掘りと大五郎

ハウス建設 2017 農業日誌

 

この時期、稲の育苗ハウスでは雀やら猫やらが入り込んで寒さを凌いでいるようです。
f:id:mi_ya5:20170111211042j:image

去年、じぃばぁの土地に住み着いていた野良猫が2匹立て続けに亡くなってしまい、残った最後の1匹であるコイツも死んでしまうんじゃないかとドキドキしていました。
f:id:mi_ya5:20170111211125j:image

が、そんな心配を他所にカメラを向けられても夢見心地のマイペースなニャンコ。

我輩は猫である。この土地のドンである。ニャンと鳴いたら餌を差し出すのだ。名前はまだにゃい。」

 

 

名前の無い野良ニャンコを他所に、名前のついている道具を買いました。
f:id:mi_ya5:20170111211735j:image

「我輩は大正鍬である。農家の店で他の鍬よりリーズナブルな価格で売られていたことは忘れて欲しい。誰が付けたか知らないが、気づけば名前は大五郎。」

 

機械があれば鍬など必要ない。と農家2年目に差し掛かろうかという今まで手にしてこなかった鍬。裾ビニールを埋める為の溝堀りはパイプが邪魔で機械を使えないので致し方なく手にしました。
f:id:mi_ya5:20170111212743j:image

が、サクッサクッと…

なんと、なんと使いやすいこと…!!

思ったより疲れないし進みが早い…!

 

これぞ機械なぞない時代の匠の結晶なのか、と感動したのも束の間、振り向けば50mの半分にも到達しておらずやはり機械に勝るものは無いと思うのでした。

 

 

f:id:mi_ya5:20170111213749j:image

溝掘り作業中、冬眠中らしきカエルが出てきました。

「我輩はカエルである。冬眠中にも関わらず掘り起こされてしまった哀れなカエルである。…名前?それより早く土に戻してはくれないか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

【セルフビルド】パイプハウス建設における畑の高低差問題

ハウス建設 農業日誌 2017

 

 12月から始まったハウス建設、やっとの事で完成が見えてきました。今週の土曜日にはビニール張りまで仕上げるぞ!と息巻いております。

しかしこのハウス建設、 準備不足経験不足の連続で何度もやり直し修正。それでも歪んでそびえ立つハウスに建てる人々の心をも歪ませております。(現在進行形)

 

 

 ハウスの歪みの原因

中古の資材を使っているのがそもそもの歪みの原因ですが、それ以前の問題が多々ありました。ハウス建設経験者に教えて貰って建てていましたが、どこまでやって満足するかは人それぞれで、時間をかければ歪みは最小限に抑えられますが何人かで作業している為1人の意見を優先するわけにはいかなかったこと、バラバラに作業していた為基準がズレたことが原因としてありました。(司令塔は一体誰なの?!農家は個人プレーヤーが多いよ!)

 

 

畑は平ではない

本来ならトラクターで耕耘し、平にしてから建てるべきでした。が、パイプハウス建設予定地にはまだ収穫期を迎えていない冬物野菜が植えてあったのです。さすがに作業性が劣ったので、2棟目では泣く泣くトラクターで耕耘してから建てることになりました。……が、しかし……。
f:id:mi_ya5:20170110200717j:image 

2棟目入口部。
f:id:mi_ya5:20170110200740j:image

2棟目中央部。

 で、この差。

 

これに気づかされたのは裾ばり部の直管パイプを取り付け終えてすぐのことでした。

下から測って40cmの位置に取り付けていて見た目は水平で満足していたのですが、全て取り付け終えてから何を思ったかいきなり騒ぎ出すじい様。

「これだと巻き上げる時場所によって換気幅が変わっちまうぞ」

「……先に言え!(怒)」

 

 

畑の高低差問題

建てる前なら……!トラクターで直せたハズなのです(但し技術を要します)。

普通にトラクターをかけると畑の中央が淵より下がる傾向にあるようです。これにより雨水が溜まってしまったり、作物にとってよくないのですが、農家ウン十年のプロの畑が、いやはやどうして……!

 

 

解決法
f:id:mi_ya5:20170110202216j:image

レベル。ハウス建設の為だけに購入された水平測定器。近所にある農家の店でレンタル可能と知ったのは購入後でした。値段は3万円前後。痛く高い買い物でした。

 

このレベルを駆使し、曲管パイプと畑との設置面からではなくレベルで付けた目印から水平になるように直管パイプを取り付けました。これで換気幅の心配はなくなりました。

 

 

まとめ

裾ばり直管パイプを取り付ける為に、2回は付けたり外したりしています。最初に取り付けた際、じい様も一緒にやってたんですが、終わってから「あぁそう言えば……。」と問題点を指摘してきました。

いや、うん……気付いたのは有難いよ?でももう日も落ちてきてるじゃん?取り付けるのにかなり時間かかったよね?何故今なの?!と、理不尽な怒り方をしてしまいました。

 寒さと疲れとでいっぱいいっぱいでした。取り敢えず一棟だけでも裾ばり直管パイプ設置、終わって良かったです。オツカレ。

 

 

2017年版、作付計画を立てよう。

2017 農業日誌

 

 

直売所農家にとって作付計画はとってもとーっても重要なものです。

作付計画によってその1年の全てが決まると言っても過言ではありません。

 

 

 

作付計画とは?

文字通り、どこに何を植えるか計画するものです。事前に計画を立てておくことで、連作障害を回避することができます。

また、種の過不足や遊ばせてしまう圃場をなくすことで畑を上手く使うことが出来るようになります。

作付計画は翌年まで関係してくるので気を使って計画していかなくてはなりません。

 

 作付計画の立て方

1)種類を選ぶ

一番気を使うのは連作障害ですが、限りある畑で完全に回避するのは不可能です。なのでこれについてはあまり考えず、最初は経営の柱となりそうな売れる野菜のピックアップをします。ここでは基礎野菜と呼ばれる、季節問わず食卓に上がるものから選ぶのがほとんどです。

次に、作りたい野菜を選びます。同じ種類でも品種の違うもの、目を引く野菜も選んでおきます。

 

2)栽培時期を選ぶ

直売所農家として生活していくには、出荷時期を他の出荷者とかぶらせないことが重要になってきます。出荷時期を早めたり、逆に遅らせたり、これによって売値が大きく変わることもあります。目的の収穫時期から作型を選び出します。

 

f:id:mi_ya5:20170109194317g:plain

事前に作型表を作っておくと便利です。品種や栽培時期と合わせて品種をメモしておくといいと思います。

 

 

3)圃場を選ぶ

連作障害を考えて作付圃場を選んでいきます。

どうしても連作になってしまう場合は土づくりを徹底して行うか、混植を駆使することでなるべく軽減させます。

畑の回転率を上げるため、根菜類以外は育苗します。

 

圃場が選べれば作付本数も計算しておきます。種を買う時や、売値を設定すれば売り上げ見込みを出すことも出来ます。

 

 

まとめ

去年は計画と呼べるようなものは作らず、行き当たりばったりで作付していました。種が足りなかったり、収穫が遅れたり……。後作の事を考えず前作を片付けるのに時間がかかったり……。

 畑を上手く使うための作付計画ですが、個人的には売り上げ見込みの方が重要だったりします。

f:id:mi_ya5:20170109200824g:plain